2006年10月30日

ヒアリング力を向上させるには?

あれだけ中学、高校で英語を勉強したのに聞き取れない…。
文章だったらわかるのに…。

これは、6年、10年英語を学習した日本人に共通の悩みではないでしょうか。

どうすればアメリカ人が話している言葉を理解できるようになるのでしょうか?

英会話スクールや教材メーカーは、いろいろな方法を薦めています。

1.講師はすべてネイティブ! 英語のシャワーを浴びましょう!
2.暗記しようと思うから続かないのです! ただこの教材をBGM代わりに流していればいいのです。 自然に英会話をものにできます!
3.留学しましょう!


まず最初に申し上げたいのは、いくら自分の周りで英語が語られていたとしても、それを聞き流しているだけでは、けっしてヒアリング力は向上しないということです。

一つ例をあげます。
英語による24時間ラジオ放送であるAFN(American Forces Network-米軍放送、旧称FEN)を聴くのが好きな日本のタクシーの運転手さんが、仕事している間中30年間AFNを聞き続けたとしても、ヒアリング力はほとんど向上しません。
ところが、1ヶ月くらい前に移民としてアメリカに移り住み仕事を始めた韓国人のタクシーをニューヨークで私が利用したときの話ですが、彼は仕事に使う英会話力(「どこに行きますか?」「この道は込んでいます。」「どの航空会社ですか?」だけは身につけていますし、こちらが伝えたいこともちゃんとヒアリングする力を持っていました。 しかしブロードウェイのミュージカルの話なんかを始めると、会話が続きません。 それでその運転手さんにどうやって英会話を勉強しているのかを聞いてみると(こちらの意志を伝えるのに5分くらいかかりましたが)、見せてくれたのがA4版くらいの1枚の紙の表裏に運転手と客との想定会話が50題くらい記述されているもので、これをとにかく頭の中に押し込んでいるのだそうです。(身振り手振りで、その紙を頭の中に押し込むというしぐさをしていましたのでたぶんそういうことです。)
私は、その紙に書いてある会話集を多少アレンジして問いかけてみましたが、自信たっぷりの即答が返ってきました。

最後に運転手さんに50題のうちの20問から30問まで指差すとその部分を紙を見ることなく、スラスラと喋ってくれました。 完璧に頭の中にインプットされているのです。そしてその運転手さんは、毎日の仕事の中で、その文章を繰り返し繰り返し使っているのです。

ヒアリング力とはこういうことなのです。
あるセンテンスが自分の頭の中にインプット(記憶)されているかどうかなのです。
インプットされていれば多少文章が変わったとしても相手が言っていることは聞き取れ、更に自分でも喋ることが出来るのです。
逆に自分でも喋れる程度(ここが大事です)にインプットしなければ、いくら英語圏に身を置いたとしてもヒアリング力は向上しません。

実際の日常会話に使われるセンテンスを、いかにしっかりと頭の中に定着させるかが大事なのです。 人間ですから、年齢に関係なく、新しく記憶したものは、時間が経てば必ず忘れます。 完全に忘れる前に、もう一度記憶しなおし、また忘れそうになる前に更にもう一度記憶しなおす。 これを繰り返すうちに忘れるまでの時間がどんどん長くなっていきます。 そしていつのまにかそう簡単には忘れなくなって自分のものになっていくのです。
もちろん私は、皆さんが楽しくそして継続して英会話の学習が続けられるように指導します。
しかし一番大切なのは、皆さんの“覚えよう”とする“力”なのです。
ほんの少しの“力”で構いません。 始める年齢や今までの英語の成績なんかも関係ありません。 ABCがわからなくても大丈夫です。 60歳を過ぎて、第2の人生を楽しむために始めても十分に英会話力は身につきます。 英会話を身につけてどんな風に自分が楽しめるかを思い描きながら、それを“覚えよう”とするほんの少しの“力”に変えてください。 そうすれば、誰でも確実に英会話力は(ヒアリング力もスピーキング力も)身についていきます。


英会話スクールのネイティブとの会話は、自分の頭に多くのセンテンスをインプットした後に、自分の実力を試す実践の場としての利用をお薦めします。
また、相手がアメリカ人であるとそれだけであがってしまい上手く話せない方もいらっしゃいます。 会話がコミュニケーションの一手段である以上、“外国人に慣れる”ということも大事なことです。 そのためには大いに利用する価値があります。

また、留学についてですが、私の今までの経験では、1年間程度の語学留学で英会話をものにできている方は、日本で相当量のセンテンスを頭にインプットしている方がほとんどです。 彼らはそのセンテンスを駆使しながらいきいきと昼夜会話を続け、自分の英語力に磨きをかけていきます。 会話のおもしろさからスクールでの勉強にも身が入り、更に新しいセンテンスをどんどん吸収していくのです。
逆に日本にいるときにそういう努力をしていない方は、留学先での授業も半分ぐらいしか理解できず、休み時間も友人同士の会話の傍聴者にしかなれず、最悪の場合、部屋にこもってアメリカのテレビ番組だけを見て帰国することになってしまいます。
これから留学を計画されている方は、しっかりと会話センテンスを頭の中にインプットし、このレベルなら留学する必要もないのかなと自分で思えるぐらいまで勉強し(実際にそのレベルになればますます留学したい気持ちは高まりますからご心配なく)、万全の準備の上で留学してください。 間違っても、“留学さえすれば英会話力アップ確実!”の宣伝を信じてはいけませんよ。
posted by od at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

レッスンの進め方や料金など

<パソコンレッスン ―パソコンの使い方を楽しくレッスン―(英会話レッスンではありません) も料金は同じです。>

遊び心いっぱいで―― 心地よさがいっぱいで――
ほんのちょっぴり、お勉強――
楽しければいいじゃない――  そんな感じ。

英会話の実力を、自分のペースで着実につけてもらいたいと思います。
人それぞれ興味の対象が違いますので、その方にあった楽しい題材を選び、実際の生の会話センテンス(文章)を解説しながら、レッスンを進めます。 日常会話の中で頻繁にでてくるセンテンスばかりです。

急いでレベルアップしたい方は、毎日のレッスンでも構いません。
また、勉強する時間をあまりとれない方は、その範囲内で勉強すればいいのです。焦りはよくありません。 1ヶ月に1〜2回程度でも構いません。それでも、その少しずつの勉強の積み重ねが、確実に実力アップとして実感できるように指導をしていきます。 マイペースが一番。のんびり楽しく。

また、1回のレッスン時間も1時間単位で自由に決めてください。
忙しいときには、レッスンを休んでも構いませんし、急に受けたくなったときでも、都合がつく限り対応いたします。 レッスン開始後は私のメールアドレスもお伝えしますので、掲示している携帯電話と合わせて急な連絡でもすぐにお受けすることができます。
皆さんが実力アップを実感していただくことが、私にとっても一番の喜びですので、遠慮なく連絡をしてください。
英会話と何の関係もないことでも、相談したいことが…。 そんな時でも遠慮なくどうぞ。 いつも英会話ばっかりじゃつまんない!それが普通です。


料金は大手英会話スクールのマンツーマンレッスン料金の半額以下に設定しています。 入会金や一括前払い制や期限制などはもちろんありません。 当月のご利用料金を翌月にお振込みいただければ結構です。 以前仕事をしていた国内大手英会話スクールのあまりの商業主義にうんざりした経験からこのような料金体系にしています。

1回のレッスンが2時間までであれば、4,000円/1時間で、3時間目以降は2,000円/1時間となります。 時間帯や、平日・休日による区別はありません。
尚、出張料金が上記料金に加算されます。 全国どちらであっても伺います。 出張料金は福岡県春日市の自宅から30分以内の地域であれば1,000円、1時間以内の地域であれば3,000円、更に遠方は 往復の所要時間x2,000円+実費交通費 となります。

尚、パソコンレッスンも料金は同じです。

TEL 09 0 - 27 25 - 21 03
織田
福岡県春日市(福岡市のすぐ近く)

 
posted by od at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

日本人に最適な英会話学習法とは?

喋れたらいいなー。 聞き取れたらいいなー。 便利だろうなー。 楽しいだろうなー。 世界共通語だし仕事が上手くいきそうだなー。

だけど、

中学、高校で勉強したけど、アメリカ人が喋ってることわからないんだよなー。
英会話スクール行きはじめたけど、途中で挫折しちゃったなー。
大体、上達しているっていう実感がわかないんだよね。
読むのはわかるんだけど、ヒアリング力がないんだよね。
結局、留学しなきゃ、ものにならないんじゃないの?
英会話は10代でやっとかなくっちゃ。

こんな感じで、英会話に挫折していく方が、何と多いことでしょうか。

しかし、数学の難問とは違い、英会話というのは、誰でも自由自在に使えるようになる、単なるツールみたいなものなのです。 頭の回転が速いとか遅いとか、始める年齢なんかは、あまり関係ありません。(私が教えている68歳の方は、63歳のときに英検4級に合格し、その後毎年、級を上げ、67歳で見事2級に合格しました。)
確かに、英文学は「学問」ですが、英会話は「学問」ではないのです。 誰でもものにできるツールなのです。

それでは、この「単なるツール」をなぜ、日本人はものにできないのでしょうか?

その大きな要因は2つあると思います。
1.中学校や高校の多くの英語教師が、英会話を自分のものにしておらず、つまり、自分自身が英会話を習得した経験がないため、最適な指導方法を知らない。 もちろん、英会話以外の英語の学習指導においては十分であると思います。

2.英会話スクールを中心とする巨大英会話産業では、「授業料を払った生徒の英語の実力をどのようにして確実に上げていくか」ということに力点をおかず、「ネイティブスピーカーの指導陣を前面に押し出し、その派手さに集まってきた生徒に授業料を前払いさせ、後は出席しようがしまいがお構いなし。 一人でも多くの新規の生徒を獲得せよ!」という体質が今だ横行している。 あの莫大な広告費を稼ぎ出すためには、そうせざるを得ないのでしょう。


確かに、日本語をようやく使えるようになった小学生ぐらいの子供が、アメリカの小学校に編入すると2年ぐらいでかなり流暢に英語を使えるようになります。

しかし、高校生以上になってくると、そうは簡単にはいきません。

私が、ロサンゼルスの英会話スクールで、日本人を始めとする英会話習得希望の生徒さんを指導していたときの話ですが、私が指導を始める前の指導方法は現在日本の英会話スクールで使われているものと同じような教材が使われ、もちろんアメリカ人が教えていたわけですが、2年ほどでは流暢に話せるところまではいかなかったのです。 しかし、私自身が英会話を習得するために最大の効果をあげた方法を組み合わせながら指導したところ、目に見えて生徒の実力は上がり、それまで、アメリカ人教師のクラスに出席していた生徒が、私のクラスに出席するようになったものです。 その後は、そのアメリカ人教師も私の指導方法を積極的に取り入れていました。


もちろん、ネイティブスピーカーから指導を受けることに効果がないとは言いません。 ある程度、英会話の実力がついている方は、積極的にアメリカ人と会話し、自分の英会話力に研きをかければいいのです。 私なんかと会話するよりも、アメリカ人と会話する方がより自然な英会話を身につけることができます。
しかし、初歩の段階では、アメリカ人と会話(アメリカ人教師の授業に出席)したからと言って、英会話の実力はあまりつきません。 ヘタをすると、自信なくし、挫折してしまいます。
3ヶ月前に習ったことは誰しもどんどん忘れていくものなのです。 英会話スクールで挫折したからと言ってあきらめないでください。


しかし、勘違いしないでいただきたいのは、私から指導を受けたからと言って、いつのまにか努力もなしに英会話が使えるようになるということではありません。
英会話の習得において一番大事なことは「正しいセンテンスの暗記」です。
「暗記」することは楽ではありません。 しかし努力すれば誰にでも「暗記」はできます。
だから、継続して「暗記」さえすれば70歳の方でも英会話はものにできるのです。

私にできることは、最大限に効率的な暗記を即し、しかも多くの方にとって“つらい”ことである「暗記」を、楽しく継続させることに指導の重点をおいています。
ある程度、私から指導を受けた方の中には、「勉強方法がわかったから、後は自分でやれます。」とおっしゃる方もいらっしゃいます。 大いに結構なことです。 私にとっては、そのかたが本当に実力さえついてくれれば、もしくは、英会話を本当に自分のものにするための方法を理解し、そのことで挫折感を払拭し自信を取り戻してもらえれば、それだけで大変うれしいことなのです。 指導を止めたあと、1年ぐらいして「やっぱりもう一度指導して欲しい」とおっしゃる方もいます。 それもまた大いに結構なことです。

たかが「英会話」。 是非一緒にものにしていきましょう。



posted by od at 02:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

Yahoo!ブログから引っ越しました。

ベータ版のせいか使いにくかったYahoo!ブログから引っ越しました。
今までの記事を少しずつこちらに転記します。
posted by od at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。