2007年10月14日

ラブ・アクチュアリー

★★★★★ とっても温かくて、笑えて、感動できるラブストーリーです。 毎日の生活も、仕事も、政治すらも、すべての力は“愛”から湧きあがってくると思えてくる作品です。 優しさ、笑い、あせり、嫉妬、欲望、不安、いろいろな感情が、いくつもの愛のエピソードの中にちりばめられ、飽きることなく楽しめます。

 観終わった後の後味がよくなるように作ったクリスマスストーリーでしょうから、当然すべてハッピーエンドで終わるのですが、現実は、いくら勇気を出してみても孤独や疎外感を味わったり、人生ってこんなものなのかなーと深い挫折感に悩むことのほうが多いような気もします。 ただ、相手にバカにされたり、無視されたり、痛みを受けたり、嫌な思いをすることになったとしても、何も感じない人生よりもマシなのかなーとも思います。

 アラン・リックマン扮するハリーが、奥さんと一緒にクリスマスプレゼントのショッピングをしている最中に、会社の愛人のためのプレゼントをコソコソ買い求めるシーン、ハリーの焦る気持ちがわかるのと、なんせ店員がローワン・アトキンソンですから大爆笑でした。 それと英国首相(ヒュー・グラント)がアメリカ大統領にビシッと言い放つシーンはグッときます。 そして、ハリーの奥さんが自分へのプレゼントではないと気づき、それでも気丈に笑顔で振舞おうとするシーン、流れるジョニ・ミッチェルの『青春の光と影』の音楽と共に心打たれます。
posted by od at 14:32| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。