2006年11月01日

カッコーの巣の上で

★★★★★ 感動しました。 人としての自由とは。 そして他者から誰しもが優先されなければいけない人間としての尊厳。 これらを、極めてわかりやすいストーリーの中に描き、強烈なメッセージをこめて見る人の心に忘れえぬ衝撃をもたらします。

アカデミー主演男優賞を受賞したマクマーフィを演じるジャック・ニコルソンの不気味でしかし真実を見据えているかのような視線が印象的ですが、クリストファー・ロイドやダニー・デヴィートなどのこの作品以降個性派俳優として台頭していく役者さんの精神を病んだ患者になりきった演技にも圧倒されます。

そしてルイーズ・フレッチャー演じるラチェッド婦長が実施する治療のためのミーティング。 非常に丁寧な英語でゆっくりと患者に話し掛けていくのですが、根底にある、患者たちを絶対的に服従させようとする思いが(本人はたぶんそれがこのような患者たちに対してベストな治療方法であると信じているのだと思いますが)、じわじわと観客に伝わってくるこの怖さ。 患者同様に私自身も息苦しさを感じるほどでした。

観終わった後、「もっと自由に人生を楽しみたい」そんな思いにかられる作品でした。
posted by od at 15:57| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カッコーの巣の上で (DVD)
Excerpt: CAST:ジャック・ニコルソン 他 ■アメリカ産 133分 「17歳のカルテ」の男性バージョンって感じ。と言っても「カッコー〜」のほうが全然先につくられた訳だし。「17歳〜」の方が内容的にカブってい..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-11-01 21:20

カッコーの巣の上で
Excerpt: (1975/ミロス・フォアマン監督/ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー、ウィル・サンプソン、クリストファー・ロイド、ダニー・デビート)
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2006-11-01 21:34

カッコーの巣の上で
Excerpt: 今週はジャックニコルソン特集として2枚ともチョイスしました。 カッコーは自分の卵を他の鳥(モズとか)の巣に産み付け、あたかも自分の子供として育てさせるという、なんともいやらしいというか合理的とい..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2006-11-02 09:25

アカデミー賞設立記念日/カッコーの巣の上で(74・米)
Excerpt: 3月19日は「アカデミー賞設立記念日」。
Weblog: 毎日が映画記念日
Tracked: 2006-11-02 22:31

「カッコーの巣の上で」
Excerpt: 「カッコーの巣の上で」 ?? One Flew Over The Cuckoo's Nest ???? 1975年/アメリカ ? 監督:ミロシュ・フォアマン ? 原作:ケン・ケーシー ?..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2006-11-21 15:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。