2007年11月12日

極上オニオンスープの簡単な作り方

極上オニオンスープのもっと簡単な作り方

先週、オニオンスープを作りました。
今まで食べたオニオンスープの中で、一番美味しかったのは、タイ・バンコクのスクンビット通りソイ4のラジャ・ホテルの向かいの小さなレストランのもの。(タイに住むことになった元生徒さんの案内で。)

それ以来、時々作るオニオンスープ。
ところが、いろいろなレシピを見て作ってみたのですが、手間ばかりかかって、今一つ。(玉ねぎ炒めに、1時間も2時間も、火のそばでフライパンを握っているのは好きじゃない! 小麦粉もいまいち。)

自分なりにいろいろ試してみて、これが一番簡単で、美味い!という作り方です。
味は、あのバンコクの味に絶対に負けません。

大きめのスープ皿に4〜5杯分(玉ねぎ1個で2杯分見当です)

1.玉ねぎ2個を包丁で1〜2ミリ程度に薄切りします。(これからできるオニオンスープがうれしくて、涙ぽろぽろ。) バター約30gと一緒にふたつきのフライパンに放り込み、これ以上小さくできないというくらいの小さな火にかけます。(この時は特に混ぜる必要も、玉ねぎをほぐす必要もありません。バターをもう少し多めにしてもこれまた美味い。)
onion1.jpg onion2.jpg

2.テレビでも見ながら待つこと約30分。ふたを開けて、玉ねぎをかき混ぜ、またふたをします。
onion4.jpg

3.本でも読みながら待つこと約1時間。ふたを開けて、玉ねぎをかき混ぜ、またふたをします。
onion5.jpg

4.仕事でもしながら待つこと約1時間。いよいよおいしそうな色に変わりました。 全部、鍋に移し、その分量の約2倍の水を加え、コンソメを2個(玉ねぎ1個にコンソメ1個の割合)を入れて、黒コショウを一振り、先ほどと同じ火加減で約30分煮込むと出来上がりです。
onion6.jpg

onion7.jpg onion8.jpg

このまま食べても、玉ねぎの贅沢な甘みが引き立つ最高の味ですが、やはり定番のチーズを乗せたフランスパンをおいたほうが、味がさらに濃厚になっておいしくなります。

5.先ほどのフライパンにフランスパン(あらかじめ2つか3つぐらいに切っておいたほうが食べやすい)を並べ、バジルとパセリを別々のパンにしっかり振りかけ、その上に「とろけるスライスチーズ」をのせて、ふたをして小さな火にかけます。 のせたチーズが溶けたら出来上がり。 4のスープの上にのせて、召し上がれ。
onion9.jpg onion10.jpg

生徒さんにも、食べてもらいました。 ごめん、おかわりなくて。

極上オニオンスープのもっと簡単な作り方


posted by od at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作ってみました ファミレスで食べたものが 特にお気に入りでした(笑)
…が やはり手作りが一番ですね
甘味もしっかり残り 大満足です
喧嘩中の主人も これなら食べてくれるかなと思います(笑)
Posted by にじぶた at 2011年12月05日 18:23
仲直りの役に立ち光栄です。
Posted by od at 2011年12月16日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。